So-net無料ブログ作成

座り込みや集会主導 都職員10人懲戒処分(産経新聞)

 東京都は平成21年2月〜今年1月までの間、ボーナスや給与の減額などに反対する目的で、勤務時間中の庁内での座り込みや集会を主導したとして、45〜59歳の水道局職員6人と、48〜60歳の下水道局職員4人の計10人を停職2〜7日の懲戒処分にした。

 都によると、10人はいずれも都職員の労働組合「全水道東京水道労働組合」の幹部という。都は「この時期の労組関係者の一斉処分は毎年恒例だが、今年は去年より処分者数が減った」としている。

【関連記事】
水道窃盗の男を逮捕 「トイレが流せないと困る」
なぜ?川崎市水道局困惑 水道メーター54個盗まれる 
横浜市、水道維持へ“技術”販売 節水浸透で収入源模索
売るには少量、悪戯には手間…水道蛇口など37個盗難 大阪の公園
水道料金93万円を私的に流用 女性属託職員を免職 佐賀・唐津

「ラブ・コネクション」運び屋はカノジョ(読売新聞)
東海道新幹線 一時不通…乗客3100人「缶詰め」疲労感(毎日新聞)
保育所定員、5年で25万人増=政府が少子化対策ビジョン(時事通信)
毎日新聞世論調査 小沢氏「辞任を」76%内閣支持50%(毎日新聞)
不審死当日、鳥取県警が女の尾行に失敗(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。