So-net無料ブログ作成

介護職員処遇改善交付金の申請率、わずかに上昇−厚労省(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は、4月27日の閣議後の記者会見で、今年3月末までの介護職員処遇改善交付金と、福祉・介護人材の処遇改善事業助成金の申請率を発表した。処遇改善交付金の全国平均は約82%、処遇改善事業助成金は約70%で、いずれも昨年12月末(処遇改善交付金は約80%、処遇改善事業助成金は約69%)に比べ、わずかに上昇した。

 都道府県別の申請率は、処遇改善交付金では島根・山形(共に91%)が最も高く、京都(90%)、秋田・広島(共に89%)などと続く。また、処遇改善事業助成金では京都(83%)が最も高く、以下、高知・滋賀(共に82%)、沖縄(81%)、広島(79%)などとなっている。

 いずれの制度も、介護職員の処遇改善に取り組む事業所に対し、介護職員一人当たり平均月1.5万円を助成するシステムで、2011年度分までのサービスに対し、交付金や助成金が支給される。



【関連記事】
介護職員処遇改善交付金の恒久化を−連合会長
介護職員処遇改善交付金の実施要領を改正―厚労省
介護従事者処遇状況調査の結果など報告―介護給付費分科会
介護職員処遇改善交付金のキャリアパス要件を決定―厚労省
介護職員処遇改善交付金、2月サービス分の申請期限を延長―厚労省

胸に刺し傷、女性重体 横浜の歩道(産経新聞)
「地下鉄のマサ」現行犯で逮捕 酔っぱらい狙いのスリ(産経新聞)
<掘り出しニュース>知ってる?埼玉名物「借金なし」豆腐(毎日新聞)
「ママ鉄」急増中…子に付き合い自分もとりこに(読売新聞)
オシドリとマガモの夫婦!?(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。